私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「仮面ライダー聖刃(セイバー)」 「聖なる刃」と書いて「セイバー」 「セイバー」とは、「サーベル」や「ソード」と語源は同じ 「剣」という意味です コロナの状況下でロケが難しいという事から、CGを駆使した架空の世界が戦いの空間として設定されました で、セイバーを観ての感想ですが…… 「難しい!」 正直、お話がよく分からんのです まあ、私の理解力も人並レベルはあると思うので、その普通の私に理解できない話が、子どもに理解できるのかなあーーという危惧が…… 7/18(日)の、セイバーとゼンカイジャーの合体S

仮面ライダー聖刃(セイバー)」

「聖なる刃」と書いて「セイバー」
「セイバー」とは、「サーベル」や「ソード」と語源は同じ
「剣」という意味です
コロナの状況下でロケが難しいという事から、CGを駆使した架空の世界が戦いの空間として設定されました
で、セイバーを観ての感想ですが……

「難しい!」
正直、お話がよく分からんのです
まあ、私の理解力も人並レベルはあると思うので、その普通の私に理解できない話が、子どもに理解できるのかなあーーという危惧が……

7/18(日)の、セイバーとゼンカイジャーの合体SPで神代兄妹がゼンカイジャーの世界に行き、お兄さんが金髪女装するエピソードがありましたが、ああいうハチャメチャエピソードはセイバーの世界にはありません
派手な服装のタッセルさんは居ましたけれど、もう物語から退場してしまいましたし……

セイバーでは見られない、神代兄妹の一面が見られ、あの回はまさに神回でした
個人的には、ああいうオモロイ話が私は好きなんですけどね

映画でも、セイバーとゼンカイジャーは合体し、テレビでは出会わなかった二人が映画では共闘するようになります
共闘どころか、文字通り合体して1人のヒーローとして戦うようです

セイバーも最終回に向けてこれからスパートをかけていく事でしょう
おもしろい「物語の結末」をぜひ期待したいと思います

 

「仮面ライダーゼロワン」 平成12年から始まった、平成ライダーシリーズ ちょうど平成最後の年、平成31年にキリのいい20作で終了となりました そして、平成31年すなわち令和元年からは、新たに令和ライダーシリーズが途切れる事無くスタート 令和ライダー1作目が「仮面ライダーゼロワン」です 石ノ森章太郎先生の作品でゼロワンといえば、もちろん「キカイダー01」です 平成ライダーにも、 「W」(キカイダーダブルオーがモチーフ) 「オーズ」(超神ビビューンがモチーフ) 「フォーゼ」(宇宙鉄人キョーダインのスカイゼ

仮面ライダーゼロワン」

平成12年から始まった、平成ライダーシリーズ
ちょうど平成最後の年、平成31年にキリのいい20作で終了となりました
そして、平成31年すなわち令和元年からは、新たに令和ライダーシリーズが途切れる事無くスタート
令和ライダー1作目が「仮面ライダーゼロワン」です

石ノ森章太郎先生の作品でゼロワンといえば、もちろん「キカイダー01」です
平成ライダーにも、
「W」キカイダーダブルオーがモチーフ)
「オーズ」(超神ビビューンがモチーフ)
「フォーゼ」(宇宙鉄人キョーダインのスカイゼルがモチーフ)
と、石ノ森先生の別作品をモチーフにした仮面ライダーがいました
フォーゼの映画の時には悪のキョーダインが出てきたほどです

だから、もしかしたら、仮面ライダーゼロワンにも、なんらかの形でキカイダー01が関わってくるのかなーと期待したのですが、結局キカイダーの「キ」の字もなかったですね
作品にヒューマギアというアンドロイドが出てくる点は、アンドロイドのヒーローであるキカイダー01との共通点でしたが、それ以外は全く関連なし
完全なる別作品でした
ある意味、すがすがしかったですけれどね

ゼロワンに変身するのは、若き社長
医師、物理学者と、ちゃんとした職業のライダーが平成作品にはいましたが、令和一発目のライダーはなんと社長でしたよ
ビックリしましたね

 

「仮面ライダージオウ」 「時の王」と書いて「時王」 カタカナ表記で「ジオウ」のようです 諸説あるようです 「電王(でんおう)」や「聖刃(セイバー)」のように漢字表記はありませんので これまでの全てのライダーに変身する能力を持つ仮面ライダーディケイド これまでの全ての戦隊ヒーローに変身する能力を持つ海賊戦隊ゴーカイジャー ディケイドに変身する門矢士(かどやつかさ)もゴーカイレッドに変身するキャプテン・マーベラスも俺様キャラでした ところが、ディケイドの次のアニバーサリー仮面ライダーのジオウや 現在放映

仮面ライダージオウ

「時の王」と書いて「時王」
カタカナ表記で「ジオウ」のようです
諸説あるようです
「電王(でんおう)」や「聖刃(セイバー)」のように漢字表記はありませんので

これまでの全てのライダーに変身する能力を持つ仮面ライダーディケイド
これまでの全ての戦隊ヒーローに変身する能力を持つ海賊戦隊ゴーカイジャー
ディケイドに変身する門矢士(かどやつかさ)もゴーカイレッドに変身するキャプテン・マーベラスも俺様キャラでした

ところが、ディケイドの次のアニバーサリー仮面ライダーのジオウや
現在放映中のアニバーサリー戦隊ゼンカイジャーのゼンカイザーは
明るく優しい優等生ヒーローです
タイプがぜんぜん違います

ヒルでクールなタイプというのは、ゴレンジャーやガッチャマンでいえば、アオレンジャーコンドルのジョータイプ
ナンバー2のキャラで、レッドでリーダーのタイプでは決してなかったのです

ディケイドもゴーカイジャーも、あえてそんなキャラを主役にもってきたのですね
映画では、門矢士とマーベラスがさしで戦うシーンがあったのも印象的でした

さて明るく優等生なジオウとゼンカイジャーですが、そのまま歴代ヒーローの力を使うわけではありません
それはもう、ディケイドとゴーカイジャーでやってしまったので、新しい試みをもってきました

なんというか、「かぶり物」で、歴代の力を使うんですね
ジオウはアーマーというか、歴代のライダーのデザインを模した鎧をまとって敵と戦います

ゼンカイザーも、こないだから「ジュウレンジャー」の追加戦士ドラゴンレンジャーが使う巨大ロボ、ドラゴンシーザーの「かぶり物」でパワーアップとなりました
同じ「ゼンカイジャー」の登場キャラである、ツーカイザーのドラゴンシーザーの力でのパワーアップぶりがこれまでの戦隊ヒーローのようにわりとあっさりしたデザインなのに対し、ゼンカイザーの「かぶり物」は、かなり重そう、動きにくそう、暑そう(中の人が)と、三拍子そろった感じです

ディケイドでは、歴代ライダーは、本編とは別の俳優さんたちが演じていましたが、ジオウでは可能な限り、本編と同じ俳優さんが歴代ライダーを演じてくれていたのが嬉しかったですね

 

「仮面ライダービルド」 「ライダーの変身者にはプー太郎が多い」 と世間に認知されている事を考慮してなのか、前作では医師、今作では物理学者と、しっかりとした職に就いている若者が仮面ライダーの主人公となりました ウルトラマンと仮面ライダーでは、変身者の特性が元々違うのですね ウルトラマンのハヤタ隊員や、ウルトラセブンのモロボシ・ダンは、普段は防衛チームの隊員として勤務しており、人間としての仕事もウルトラマンとしての仕事も「敵と戦う事」です 仮面ライダーの本郷猛や一文字隼人は、人間としての仕事は別にあり

仮面ライダービルド」

「ライダーの変身者にはプー太郎が多い」
と世間に認知されている事を考慮してなのか、前作では医師、今作では物理学者と、しっかりとした職に就いている若者が仮面ライダーの主人公となりました

ウルトラマン仮面ライダーでは、変身者の特性が元々違うのですね

ウルトラマンのハヤタ隊員や、ウルトラセブンモロボシ・ダンは、普段は防衛チームの隊員として勤務しており、人間としての仕事もウルトラマンとしての仕事も「敵と戦う事」です

仮面ライダーの本郷猛や一文字隼人は、人間としての仕事は別にあり、仮面ライダーとしての仕事だけが「敵と戦う事」です
ただ、敵のショッカーとの戦いがたて込んでくると、人間としての仕事をしている場合ではありません
なので、どうしても、自由業というか、いわゆるプー太郎的な仕事でないと、敵と戦う暇を捻出できなかったのですね
平成ライダーシリーズになってからは「仕事としての仮面ライダー」も登場してきましたが、例としては少数です

「ビルド」は、3つに分裂している架空の日本が舞台で、壁の存在などは「進撃の巨人」の影響を思わせるものでした
左右で2つのパーツが合体してできあがるデザインは、
「また、仮面ライダーW?」
という感じが正直しないでもないでした
ただ、2人で変身するWと違って、ビルドの変身者は1人でしたけれどね

 

「仮面ライダーエグゼイド」 ヒーローというのは、ある程度、「姿の定義」みたいなものがあります ウルトラマンだったら、カラータイマーがあるとか、あたまにトサカがあるとか、主に赤と銀の模様だとか、目は卵形か六角形だとか 仮面ライダーだったら、大きな目、触角、マフラー、変身ベルト、オートバイに乗っている――などですね で、この仮面ライダーエグゼイドですが…… ベルトしてるのとバイクにたまに乗るのと以外は、仮面ライダーの要素をもっていません 大きな目の中には目玉が描いてあり、頭部はサイボーグ009みたいなギザ

仮面ライダーエグゼイド」

ヒーローというのは、ある程度、「姿の定義」みたいなものがあります
ウルトラマンだったら、カラータイマーがあるとか、あたまにトサカがあるとか、主に赤と銀の模様だとか、目は卵形か六角形だとか
仮面ライダーだったら、大きな目、触角、マフラー、変身ベルト、オートバイに乗っている――などですね

で、この仮面ライダーエグゼイドですが……
ベルトしてるのとバイクにたまに乗るのと以外は、仮面ライダーの要素をもっていません
大きな目の中には目玉が描いてあり、頭部はサイボーグ009みたいなギザギザの髪を立体化したデザインです
「え? なんなのこのデザイン!」
仮面ライダーにしろ、キカイダーにしろ、ロボコンにしろ、原作者の石ノ森章太郎先生は、見る人がびっくりするようなデザインのキャラクターをいくつも生み出してきました
だから、その意味では、エグゼイドだって立派な仮面ライダーといえます
「え、これが仮面ライダー!?」
と、ファンをびっくりさせてくれたわけですから

エグゼイドに出てくるお医者さんはみな優秀ですが、若すぎます
「魔進戦隊キラメイジャー」のキラメイピンクもお医者さんですが、若すぎます
どんなに優秀でも、医師には研修期間というものがありますから、あの若さで第一線で活躍し、世間に優秀な医師と認知してもらうのは現実には不可能でしょう
まあ、お話だからいいといえば、いいんですが

 

「仮面ライダーゴースト」 平成ライダーにしてはシンプルな顔つきの、仮面ライダーゴーストです 実在の歴代偉人の能力を使って戦うというユニークなライダー 現在放送中の、実在の物語の本の能力を使って戦う仮面ライダーセイバーは、ちょっとゴーストと似ているなと私は思いました 私は、平成2期ライダーは、数字のこじ付けよりも、石ノ森章太郎先生の他作品との関連づけの方が気になっていました Wは、キカイダーダブルオー オーズは、超神ビビューン フォーゼは、スカイゼル ここまでは、分かるのですが、以降が分かりません

仮面ライダーゴースト」

平成ライダーにしてはシンプルな顔つきの、仮面ライダーゴーストです
実在の歴代偉人の能力を使って戦うというユニークなライダー
現在放送中の、実在の物語の本の能力を使って戦う仮面ライダーセイバーは、ちょっとゴーストと似ているなと私は思いました

私は、平成2期ライダーは、数字のこじ付けよりも、石ノ森章太郎先生の他作品との関連づけの方が気になっていました

Wは、キカイダーダブルオー
オーズは、超神ビビューン
フォーゼは、スカイゼル

ここまでは、分かるのですが、以降が分かりません
ウィザードは、魔法がらみで無理やりこじつけて、「好き好き!!魔女先生」とか?
鎧武は、もう分からないなあ
刀使うから、「変心忍者嵐」とか?
ドライブは車乗ってる刑事だから「ロボット刑事K」?
ゴーストはもう、ぜんぜん分かんないですね
歴史上の偉人だから、「まんが日本の歴史」とか?
それともアニメ映画「空飛ぶ幽霊船」(もう「ゆうれい」という言葉しか「ゴースト」と一致していない……(^^;)

 

「仮面ライダードライブ」 演じた竹内涼真さん、今ではすっかり売れっ子です ライダーや戦隊ヒーローを演じた俳優さんには、時々大きくブレイクする方がいらっしゃいますよね 竹内涼真さんが長身なのに、仮面ライダーに変身すると、そうでもなくなるのがいつも印象的でした (言うまでもなく、スーツアクターの方と身長差があるからですが) 四輪車を運転しているわけですから、正確には「仮面ドライバー」です でも、もはや「仮面ライダー」はブランドですから、「仮面ドライバー」にはならないのですね 必ず「仮面ライダー」という言葉を

仮面ライダードライブ」

演じた竹内涼真さん、今ではすっかり売れっ子です
ライダーや戦隊ヒーローを演じた俳優さんには、時々大きくブレイクする方がいらっしゃいますよね
竹内涼真さんが長身なのに、仮面ライダーに変身すると、そうでもなくなるのがいつも印象的でした
(言うまでもなく、スーツアクターの方と身長差があるからですが)
四輪車を運転しているわけですから、正確には「仮面ドライバー」です
でも、もはや「仮面ライダー」はブランドですから、「仮面ドライバー」にはならないのですね
必ず「仮面ライダー」という言葉を冠します
なので、飛行機を操縦するライダーが今後出てきたとしても、「仮面パイロッター」にはならず、「仮面ライダーパイロット」でしょう
ニュースを読むライダーが出てきたとしても、「仮面アナウンサー」にはならず、「仮面ライダーアナウンス」でしょう
歌を歌うライダーが出てきたとしても、「仮面シンガー」にはならず、「仮面ライダーシング」でしょう
脚本を書くライダーが出てきたとしても、「仮面ライター」にはならず、「仮面ライダーライト」でしょう

 

「仮面ライダー鎧武(がいむ)」 前作「ウィザード」は、普通に「魔法使い」を表す英単語でしたが、今回の「鎧武」は完全な造語 聞いた事の無い言葉です 「ロックシード」という鍵のアイテムで変身し、モチーフは果物と武士という異色の取り合わせ 例によって、平成2期ライダーに数字を関連付けたい方々は、「ロック」シードだから、鎧武は「6」なんだ――と、おっしゃっているようです 鎧武を観始めた時は、最初の頃、登場人物たちは何をやっているんだろうと思っていました グループごとにダンスを競い合っていて、それはいいんですが

仮面ライダー鎧武(がいむ)」

前作「ウィザード」は、普通に「魔法使い」を表す英単語でしたが、今回の「鎧武」は完全な造語
聞いた事の無い言葉です
「ロックシード」という鍵のアイテムで変身し、モチーフは果物と武士という異色の取り合わせ
例によって、平成2期ライダーに数字を関連付けたい方々は、「ロック」シードだから、鎧武は「6」なんだ――と、おっしゃっているようです

鎧武を観始めた時は、最初の頃、登場人物たちは何をやっているんだろうと思っていました
グループごとにダンスを競い合っていて、それはいいんですが、それで人間の自由を守るとか、世界の平和を守るとか、そっちの方に物語が流れていく必然性が見えにくいなあと思っていたのです

それでも、物語が進むにつれ、「人間の自由」とか「世界の平和」レベルどころか、主人公が神様になってしまうという、すごい展開を見せてくれましたけれど

変身は、ベルトのバックルのところで、包丁で果物を切る動作をします
この「切る」という動作が「刀」と共通しているから、武士モチーフなのかなと思いました
ともかく、これまで、メロンとか、ドングリとか、バナナとか、そんなのをモチーフにした正義の味方は見た事ありませんでしたので、そういう意味ではとても新しい、ユニークな、そして多分、今後見る事はないであろうヒーローでしたね、鎧武は

 

「仮面ライダーウィザード」 「ウィザード」は「魔法使い」を意味する英語 魔法使いの仮面ライダーです そのまま「名は体を表す」名前ですね 指輪で(正確には指輪とベルトで)変身します 指輪で変身するヒーローで、今、私がパッと思いつくのは―― ウルトラマンA ウルトラマンレオ デンジマン ただ、この3ヒーローの指輪は、そんなに大きくはありません でも、ウィザードがしている指輪は、でかい、でかい Aや、レオや、デンジマンの指輪は、現実に、たとえば大人の私が、指にはめて町を歩いたとしても、まあ、そんなに目立つ

仮面ライダーウィザード」

「ウィザード」は「魔法使い」を意味する英語
魔法使いの仮面ライダーです
そのまま「名は体を表す」名前ですね
指輪で(正確には指輪とベルトで)変身します
指輪で変身するヒーローで、今、私がパッと思いつくのは――

ウルトラマン
ウルトラマンレオ
デンジマン

ただ、この3ヒーローの指輪は、そんなに大きくはありません
でも、ウィザードがしている指輪は、でかい、でかい
Aや、レオや、デンジマンの指輪は、現実に、たとえば大人の私が、指にはめて町を歩いたとしても、まあ、そんなに目立つことは無いかなというサイズです
でも、ウィザードの指輪はでかいんですね
とにかく、大きい
実際に大人が指にはめて町を歩いたら、どうしたって目立つ大きさです
玩具として売り出す上でのインパクトを考えて、あの大きさにしたんでしょうね
指輪って、もともと小さい物です
テレビ画面上、あんだけ大きくしないと、玩具としてアピールできないのでしょうね

別番組ですが、今年2021(令和3)年の春までやっていた「魔進戦隊キラメイジャー」の変身ブレスレット「キラメイチェンジャー」も大きいなあと思いました
腕時計型ですが、文字盤に当たる部分がものすごく大きいんですね
やはり、ああやって大きくすることで、テレビ画面上目立つようにしているのかなあと思いました

 

「仮面ライダーフォーゼ」 どうしても平成2期仮面ライダーシリーズに数字を関連付けたい人達がいて、フォーゼだと、 「スイッチが4つだから」 とか 「『フォー』ゼだから」 とか、おっしゃっているようです 平成2期ライダーの初期3作品は、石ノ森章太郎先生の既存作品のオマージュになっています 仮面ライダーW(ダブル)は、キカイダー00(ダブルオー) 仮面ライダーオーズは、超神ビビューン そして、仮面ライダーフォーゼは、「宇宙鉄人キョーダイン」のスカイゼル 頭の形がロケットになっていて、もーそのまんま(^^;)

仮面ライダーフォーゼ」

どうしても平成2期仮面ライダーシリーズに数字を関連付けたい人達がいて、フォーゼだと、
「スイッチが4つだから」
とか
「『フォー』ゼだから」
とか、おっしゃっているようです

平成2期ライダーの初期3作品は、石ノ森章太郎先生の既存作品のオマージュになっています
仮面ライダーW(ダブル)は、キカイダー00(ダブルオー)
仮面ライダーオーズは、超神ビビューン
そして、仮面ライダーフォーゼは、「宇宙鉄人キョーダイン」のスカイゼル
頭の形がロケットになっていて、もーそのまんま(^^;)です

フォーゼのボディーカラーは白
白って、反射してしまうため、撮影が難しいらしいです
ただ、その後も、仮面ライダーアクセルや、ゼンカイザーなど、白いボディカラーのヒーローがいましたし、それ以前にも、戦隊ヒーローには白の戦士がいましたから、撮影困難レベルというわけではないようですね

フォーゼや、あと、仮面ライダードライブは、変身前の役者さんが特に長身でした
変身後のスーツアクターさんはそれほど長身ではなかったので、変身後のライダーの姿にはちょっと違和感覚えたのが正直なところです