私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「爆竜戦隊アバレンジャー」 ハリケンジャーに続いての、スタート時3人の戦隊です 漢字表記は「暴連者」 ハリケンジャーもアバレンジャーも、少し前のライブマンも、後年のゴーオンジャー、ルパンレンジャー、パトレンジャー各戦隊も、スタート時3人ですが、内1人は女の子です やっぱ女の子いないと華が無いですよね 前も書いたのにしつこいですが、サンバルカン、女の子ほしかったです アバレンジャーからいよいよ戦隊名への造語活用が本格化しました 「ばくりゅう」 聞いたことの無い言葉の響きです それ以前だとギンガマンの「星

爆竜戦隊アバレンジャー

ハリケンジャーに続いての、スタート時3人の戦隊です
漢字表記は「暴連者」
ハリケンジャーアバレンジャーも、少し前のライブマンも、後年のゴーオンジャー、ルパンレンジャー、パトレンジャー各戦隊も、スタート時3人ですが、内1人は女の子です
やっぱ女の子いないと華が無いですよね
前も書いたのにしつこいですが、サンバルカン、女の子ほしかったです

アバレンジャーからいよいよ戦隊名への造語活用が本格化しました
「ばくりゅう」
聞いたことの無い言葉の響きです
それ以前だとギンガマンの「星獣」が耳慣れない言葉といえるかもしれませんが
ギンガマン以前にも映画やゲームなどに「聖獣」というものが登場しており
「せいじゅう」という音の響き自体は耳にしていました
多分、「星獣」の字を当てたものもあったのではないかと推測します
未確認ですが

それらに対し「爆竜」は完全な造語、新語です
「ばくりゅうってなんじゃい?」
初めて聞いたとき思いましたから
アバレンジャー以前だとジュウレンジャーが恐竜モチーフの戦隊でしたが
もう「恐竜」という言葉は使用済みなので
新たに「爆竜」という言葉を作ったのでしょう

実は「アバレンジャー」という名前自体は「爆竜戦隊アバレンジャー」が世に出る前からマンガであったようです
そのあたりの権利関係がどうなっているのか私は分かりません
ただ、そのアバレンジャーでは「レ」の扱いが「無し」になっていました
「アバレッド」は、爆竜戦隊と同じなのですが、ブルーやブラックについては、
「アバブルー」
「アバブラック」
となっていたのです
ネーミングを「アバ」+「色」というように
「アバレッド」にそろえていたのですね

でも爆竜戦隊は違いました
ブルーやブラック、イエローの名前を、それぞれ
アバレブルー
アバレブラック
アバレイエロー
というように「アバレ」の「レ」を入れたのです
このネーミングルールだと「レ」がダブる「アバレレッド」だけ言いやすいように
「アバレッド」と「レ」を1つにしたんですね

「このほうがいいなー、なるぼどなー」
と私は感心したものでした