私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「ウルトラマンタロウ」 もともとのタイトルの初期案は「ウルトラマンジャック」でした そう、現、帰ってきたウルトラマンの名称です ZATもJACになるはずだったそうです その場合、JACの正式名称はどういう英語のスペルになっていたのでしょう 気になるところではあります セブン → 新マン → エース と音楽は冬木透さんだったのに タロウだけ日暮雅信さんです レオではまた冬木透さんに戻りました タロウと同時期には「ジャンボーグA」と「ファイヤーマン」が放映されており、冬木透さんは「ファイヤーマン」へ起用

ウルトラマンタロウ

もともとのタイトルの初期案は「ウルトラマンジャック」でした
そう、現、帰ってきたウルトラマンの名称です
ZATJACになるはずだったそうです
その場合、JACの正式名称はどういう英語のスペルになっていたのでしょう
気になるところではあります

セブン → 新マン → エース と音楽は冬木透さんだったのに
タロウだけ日暮雅信さんです
レオではまた冬木透さんに戻りました

タロウと同時期には「ジャンボーグA」と「ファイヤーマン」が放映されており、冬木透さんは「ファイヤーマン」へ起用されていました

同時期に円谷プロは3本も特撮作品を作っていたのですね
今だったら考えられない事です

音楽にしてもずっとウルトラシリーズが冬木透さんだったので変化をもたせたのでしょうか

ちなみに日暮雅信さんは「シルバー仮面」の音楽を担当されていました
聞き比べてみると、確かに特徴が似ています
ただ、タロウの音楽はコミカル色が強い気がします

カプセル(初代マン)、眼鏡(セブン)、指輪(エース)ときて、変身アイテムはバッジになりました
ウルトラバッジのデザインはかっこいいなと思いました
小学館の学習雑誌で通信販売していたので買いました
そのバッジは48年たった今でも持っています

ウルトラマンメビウスの映画のとき売り出されたウルトラ兄弟の変身アイテムセットも買い、その中にもウルトラバッジがありましたので、私は2つのバージョンのウルトラバッジを持っています

ウルトラの父ウルトラの母、そしてウルトラの国まで登場し、タロウはウルトラの父・母の実子
ある意味、究極に達した気がしていました
タロウの次に登場するウルトラマンをいったい、どのようにするのだろう?
タロウを越えるウルトラマンをもってこられるのだろうか?
当時、子ども心なりに心配していました