私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「ウルトラマン80」 1980(昭和55)年になる時、 「80年代!」 「80年代が始まる」 「80年代のスタート」 と「80年代」という事がやたら取り上げられていたのを覚えています その時代に合わせて5年ぶりに登場した実写ウルトラマンの名前は、その80をそのまま貰って ウルトラマン80 でした 年齢設定は8000歳 ずいぶん若くなったものです 「今後、新しいウルトラマンが登場する場合、どんどん年齢が若くなっていくと、やがて設定しようがなくなるなあ」 と私はちょっと心配しました 80のデザインは正直

ウルトラマン80

1980(昭和55)年になる時、
「80年代!」
「80年代が始まる」
「80年代のスタート」
と「80年代」という事がやたら取り上げられていたのを覚えています
その時代に合わせて5年ぶりに登場した実写ウルトラマンの名前は、その80をそのまま貰って

ウルトラマン80

でした
年齢設定は8000歳
ずいぶん若くなったものです
「今後、新しいウルトラマンが登場する場合、どんどん年齢が若くなっていくと、やがて設定しようがなくなるなあ」
と私はちょっと心配しました
80のデザインは正直ちょっと微妙と感じていました

さて、私はウルトラマン80の設定を聞いて、ウルトラマンレオの時と同じような不安感というか不満感を抱きました

まず、ウルトラマン80に変身する矢的猛 (やまとたけし)が学校の先生だという事です
「え? 専属の防衛チーム隊員じゃないの!」
すごく、しっくりこない感じがしていました
レオ以来5年ぶりだというのに、またもや変化球です

当時は「熱中時代」やら「金八先生」やらで先生ドラマブーム
だからといって、ウルトラマンで先生モノやる事ないだろう
「ザ☆ウルトラマン」みたいに、「ウルトラの物語」を専門に描いてほしい気持ちを強くもちました

あと、「矢的猛 (やまとたけし)」という名前も、レインボーマンに変身する「ヤマトタケシ」と同名で
これも何とかならなかったのかという感じです
知らずに名付けたのでしょうか
ちょっとスタッフ不勉強です

第1話「ウルトラマン先生」でスタートした80でしたが
不安は的中しました
学校と防衛チームUGMの2つの舞台を並行して描くのはどう考えても無理で、学校設定は何の説明も無く途中から消えてしったのです
そのあたりは26年後の「ウルトラマンメビウス」で後日談が描かれましたが
やっぱ当時きちんと描いてほしかったです
平成や令和のウルトラマンのドラマ作りはそのあたりの描き方うまくなっていると思います
防衛チームが登場しないウルトラマン作品もありますからね

せっかくのウルトラマン80でしたが、実写はこの一作で残念ながら終わってしまいました
昭和のウルトラマンTVシリーズはここまでとなりました