私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

キカイダー00・レイ 2番目を意味する名前の「ジロー」 1番目を意味する名前の「イチロー」 それに対して名前が「レイ」ですから 0番目 プロトタイプ(試作機)と推測されるキカイダーダブルオーです 光明寺博士はアンドロイドに人格・感情を持たせる事に成功しましたが、その感情は平板なものであり、レイは喜怒哀楽を表現する事がほとんどありません なんとか人間の感情を機械にもたせるのに成功した――ぐらいのレベルだったのでしょう その反動か、次に作られたテストタイプ(実験機)のイチローは感情の振れ幅を大きくする事が

キカイダー00・レイ

2番目を意味する名前の「ジロー」
1番目を意味する名前の「イチロー
それに対して名前が「レイ」ですから
0番目
プロトタイプ(試作機)と推測されるキカイダーダブルオーです

光明寺博士はアンドロイドに人格・感情を持たせる事に成功しましたが、その感情は平板なものであり、レイは喜怒哀楽を表現する事がほとんどありません
なんとか人間の感情を機械にもたせるのに成功した――ぐらいのレベルだったのでしょう
その反動か、次に作られたテストタイプ(実験機)のイチローは感情の振れ幅を大きくする事が試みられました
どこまで感情豊かにできるかの実験機だったのでしょう
ただ、イチローはあまりに直情的であり、その弟のジローの落ち着きぶりに反発してぶつかってばかりでした

ダブルオーは実写化される事は無くテレビに登場しませんでしたが、後年の番組「仮面ライダーW」の強化フォームにそのデザインが生かされました
平成ライダーには、たとえば「仮面ライダーファイズ」に出てきたラッキークローバーの怪物4人組のデザインにも「キカイダー01」のハカイダー四人衆の怪物変身体が生かされているなど、旧石ノ森作品からのデザインの流用が見られます
仮面ライダーフォーゼなんか、そのまま「宇宙鉄人キョーダイン」のスカイゼルですしね

ダブルオーは石ノ森先生の萬画人造人間キカイダー」にだけ登場したキャラクターでお弟子さんたちが各月刊誌に連載していた「キカイダー01」のマンガには登場しませんでした

最期はキカイダー・ジローのブラスター(破壊光線)によって、ゼロワン、ビジンダーともども完全破壊されてしまいます
せっかく生まれてきましたが、あまり人生(というかロボット生とでもいいましょうか)の喜怒哀楽を味わう事も無くこの世を去る事になり、気の毒といえば気の毒なキャラクターでした

後年『ホビージャパン』誌において石森プロによるキカイダーダブルオーのジオラマ劇が展開され、ダブルオーには大きく光が当てられたのは良かったと感じています