私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「グリングラス」 石ノ森章太郎先生原作の特撮ヒーロー番組は、石ノ森先生が自ら作ったというよりは、東映から持ち込まれた企画に石ノ森先生がキャラクターデザインをしていった――というのが真相です ところがこの「グリングラス」は、石ノ森先生自らがペンを執った、実写化されなかった変身ヒーロー作品なのです ヒーローであるグリングラスのデザインも、おとなしめで、石ノ森ヒーローによくある奇抜さはありません 逆にそれが特徴といえば特徴です 最初は誰がグリングラスに変身するのか分かりません やがて誰が変身するのかは分かるの

「グリングラス」

石ノ森章太郎先生原作の特撮ヒーロー番組は、石ノ森先生が自ら作ったというよりは、東映から持ち込まれた企画に石ノ森先生がキャラクターデザインをしていった――というのが真相です
ところがこの「グリングラス」は、石ノ森先生自らがペンを執った、実写化されなかった変身ヒーロー作品なのです
ヒーローであるグリングラスのデザインも、おとなしめで、石ノ森ヒーローによくある奇抜さはありません
逆にそれが特徴といえば特徴です
最初は誰がグリングラスに変身するのか分かりません
やがて誰が変身するのかは分かるのですが、それよりも読んでいた私が驚いたのは、作中で時代設定が「1995年」であると明かされた事です
連載当時は「1983(昭和58)年」
私は大学生で、干支1周分の未来なんか、はるか先の事でした
でも、その1995年も今2021年から見れば、26年(干支二週分以上)も過去です
時の流れの早さを感じます