私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「イタリアで大人気 鋼鉄ジーグ」 フィリピンならボルテスV ブラジルならジャスピオン フランスならグレンダイザー そして、イタリアなら「鋼鉄ジーグ」なんですね なんせ、割と最近の2015(平成27)年に「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」という実写映画がイタリアで作られたくらいで、その人気の高さがうかがえます 私、この映画も観ました まったく、世界中で日本のヒーローが活躍している事を、同じ日本人として本当に誇りに思います 鋼鉄ジーグの身長ごぞんじですか? なんと、10mです! ちっちゃ! ――って思いま

「イタリアで大人気 鋼鉄ジーグ

フィリピンならボルテスV
ブラジルならジャスピオン
フランスならグレンダイザー
そして、イタリアなら「鋼鉄ジーグ」なんですね

なんせ、割と最近の2015(平成27)年に「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」という実写映画がイタリアで作られたくらいで、その人気の高さがうかがえます
私、この映画も観ました

まったく、世界中で日本のヒーローが活躍している事を、同じ日本人として本当に誇りに思います

鋼鉄ジーグの身長ごぞんじですか?
なんと、10mです!
ちっちゃ! ――って思いますよね
私は思いました

私のように小学生の頃ウルトラシリーズを観ていた世代にとっては、巨大ヒーローというのは40mが基準値なんです
だから、40mくらいの身長のヒーローは普通に感じ、
120mのダイターン3、150mの炎の超人メガロマン、200mのダンガードAといった身長のヒーローは「でか過ぎ!」と感じ
6.9mのダンバイン、10mの鋼鉄ジーグといった身長のヒーローは「ちっちゃ!」と感じるのでした

鋼鉄ジーグは、サイボーグである主人公の司馬宙(しばひろし)がでんぐり返りのようなポーズからジーグの頭部に変形します
頭部が人間サイズという事を鑑みて、ジーグの身長設定は10mなのかもしれません
邪魔台帝国も、ちゃんとジーグの身長に合わせたサイズのハニワ幻人を派遣してくれるので、バランスのいい戦いが成立しています
これが、ミケーネ帝国のように25mクラスの戦闘獣や、百鬼帝国のように50mクラスの百鬼獣を派遣されていたら、体の大きさが違い過ぎて、取っ組み合いの戦いとか成立しないところでした
まあ、そんな細かいところは気にしないのが昭和のアニメですから、25mのグレートマジンガーと50mのゲッターロボGがアニメ映画で共闘した時は、ちゃんと同じ身長に描かれていて、バランスの悪さは無かったですけれど

司馬宙の声優は古谷徹さん
今の若い人には「名探偵コナン」の安室透の印象が強いかもしれません
テレビアニメ「鋼鉄ジーグ」の頃の古谷さんといえば、「巨人の星」の星飛雄馬の印象が圧倒的に強かったですから、スポ根の人がロボットアニメの主役なんて――と、ちょっと違和感がありました

古谷徹さんは、ジーグ終了3年後、「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ役で大ブレイクし、それ以来、常にアニメ声優としてトップでご活躍なのは周知のとおりです

鋼鉄ジーグ」、日本での視聴率はそれほどでもなかったようです
ただ、玩具がすごく売れたそうで、視聴率の割には1年近く放送されました
この磁石関節のロボットというのが、それまでに無い玩具でしたから、そこがヒットの要因だったようです

視聴率が低くても玩具が売れれば放送が続けられる「鋼鉄ジーグ」のような作品もあれば
視聴率が高くても玩具が売れず放送が打ち切られてしまった「怪傑ズバット」のような作品もありますよね
(ちなみに、ズバットの視聴者層は割と年齢高めの人たちで、その人達に人気があったものの、その人達はズバットの玩具を買わなかったわけです)

鋼鉄ジーグにも、グレンダイザーとの共演アニメ映画の話があったようですが、残念ながらそちらは実現しませんでした
ジーグの場合、スポンサーがタカラ
マジンガーやゲッター、グレンダイザーはポピー(現バンダイ)だったので
そのあたりも共演が難しかった理由の1つだったのかもしれません
放送局も、ジーグはNET(現テレビ朝日)、マジンガーやゲッターはフジテレビというように異なっていました

私、ジーグの玩具は持っていなかったのですが、ジーグのレコードは買いました
歌は水木一郎さん
私、自分で初めて買ったレコードが、ささきいさおさんの「秘密戦隊ゴレンジャー」の主題歌で、次が水木一郎さんの「鋼鉄ジーグ」の主題歌だったのです
特にジーグの歌は大好きで、大人になってからは通信カラオケで何度も歌いました