私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」 オリジナルビデオの定番だった「VSモノ」を1年間のレギュラー放送にしたのがこの、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」、通称ルパパトです。 何となく感じるのは、これ、このルパパトは結構若い女性に人気の作品のような気がしています 有名な(?)「クリスマスにはシャケを食え」を生み出したのもこの番組ですし、ダブルレッドというのも新機軸でした 3人戦隊×2でしたが、どちらの3人戦隊にもちゃんと1人ずつ女の子がいたので、女の子好きの私として

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

オリジナルビデオの定番だった「VSモノ」を1年間のレギュラー放送にしたのがこの、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」、通称ルパパトです。
何となく感じるのは、これ、このルパパトは結構若い女性に人気の作品のような気がしています

有名な(?)「クリスマスにはシャケを食え」を生み出したのもこの番組ですし、ダブルレッドというのも新機軸でした
3人戦隊×2でしたが、どちらの3人戦隊にもちゃんと1人ずつ女の子がいたので、女の子好きの私としては良かったです

歌も、ルパンレンジャーの歌とパトレンジャーの歌を合わせて1つの歌になるように工夫されていてすごく良かったのですが、
聴いていると残念ながら何と歌っているのか良く聞き取れないんですよね
私の耳が悪いのか?

また、エンディングが無かったのもルパパトの特徴でした
今度はどんなエンディグンダンスかなーーと、期待して待っていたのですが
スーパー戦隊のエンディングは、ダンスじゃないとなんかもう落ち着かない感じです

仮面ライダーセイバーが平成ライダーで初めてエンディングありの、しかもそれがダンスでしたが、ルパパトはスーパー戦隊初のエンディング無し番組だったじゃないかな

あとシルバーの俳優さんが身体能力高い方で、スタント吹き替え無しでご自身がアクションを演じていたのも特筆でした

俳優さんご自身が高い身体能力というのは、私はダイナマン・ゴーグルVの春田純一さんまでさかのぼらないと私は記憶に無いのですけれど、他にもどなたかいらしたのでしょうか

ストーリーとしては、ルパンレンジャーとパトレンジャーと、そしてギャングラーとの三つ巴の戦いを常に描かなければならないので、なかなか展開が苦しそうにも私には感じていました
新機軸だけど、脚本家泣かせかな
多分、今後「○○レンジャーVS○○レンジャー」の番組が作られることはないでしょう