私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

南斗白鷺拳のシュウ 身長180cmと「北斗の拳」に登場するメインキャラの中では小柄な部類の南斗白鷺拳のシュウです ユダが南斗紅鶴拳だったので、「紅白」というわけでもないでしょうがシユウの使う拳法は南斗白鷺拳という名前でした シュウの星は「仁星」 これは優しい性格のシュウにぴったりです 南斗白鷺拳も切断拳法なのですが、なんと脚がメインなのですね 蹴り技で敵を切断するのです なんともすごい技です 盲目なのですが これは自分で目をつぶしたため かつて南斗十人組手で戦った幼いケンシロウの命を救うためその引き換

南斗白鷺拳のシュウ

身長180cmと「北斗の拳」に登場するメインキャラの中では小柄な部類の南斗白鷺拳のシュウです
ユダが南斗紅鶴拳だったので、「紅白」というわけでもないでしょうがシユウの使う拳法は南斗白鷺拳という名前でした
シュウの星は「仁星」
これは優しい性格のシュウにぴったりです
南斗白鷺拳も切断拳法なのですが、なんと脚がメインなのですね
蹴り技で敵を切断するのです
なんともすごい技です

盲目なのですが
これは自分で目をつぶしたため
かつて南斗十人組手で戦った幼いケンシロウの命を救うためその引き換えでした
その頃、シュウの息子のシバが居たのかどうか分かりません
シバがシュウの失明後に生まれた子だとすれば、シュウはシバの顔を知らないはずです
だから、シュウ最期の瞬間に視力が戻り
ケンシロウ
「我が息子シバの面影が見える」
とシュウが言うのは矛盾があるのですが
そういった矛盾を気にしない魅力があるのが「北斗の拳」という作品です

北斗・南斗の拳士の中で、この時点で子どもが居ると描かれているのはシュウだけです
シュウは、ケンシロウラオウ・トキ・ジャギ・シン・レイ・ユダ・サウザーら他の北斗南斗の拳士に比べると少し年長なのでしょう
実際、かつてシュウとケンシロウが南斗十人組手で戦った時、シュウは少し若く描かれており、現在の(作品中での「現在」の事です)シンやレイぐらいの年齢に見えます
その時のケンシロウはまだ子どもですから、十歳以上はシュウが年長と思われますね

でも、シュウとレイは友人との事です
このあたりの年齢関係は、ちょっと分かりませんね
後付け設定あるあるでしょう

巨人の星」における花形満の年齢問題のようなものかもしれません