私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

「サイボーグ009 島村ジョー」 これまでの8人の長所を全てもっている最も優秀なサイボーグとの事です 物語冒頭のギルモア博士のこの言葉に、009が、超能力を使ったり、空を飛んだり、透視したり、右手からマシンガンを射ったり、火を吐いたり、変身したりするという意味かと誤解する人がいますが、そうではありません 基本的な設計というか、そういうところが最も後発である事から優れている――という意味なのです その描写の1つとして、002と009が敵に襲われるのですが、敵の毒針を009の人工皮膚は通さないのに、002の

サイボーグ009 島村ジョー」

これまでの8人の長所を全てもっている最も優秀なサイボーグとの事です
物語冒頭のギルモア博士のこの言葉に、009が、超能力を使ったり、空を飛んだり、透視したり、右手からマシンガンを射ったり、火を吐いたり、変身したりするという意味かと誤解する人がいますが、そうではありません
基本的な設計というか、そういうところが最も後発である事から優れている――という意味なのです
その描写の1つとして、002と009が敵に襲われるのですが、敵の毒針を009の人工皮膚は通さないのに、002の人工皮膚は通してしまったというものがありました
2番目に改造された002の皮膚は全員の中では001に次いで2番目の弱さという事なのかもしれませんね

009の目立つ能力は加速装置です
ジャンプ力、常人以上の力、暗闇の中でも見える目、水中でも呼吸できる内臓酸素ボンベなどもありますが、戦闘においてはあまり目立ちません
加速装置を駆使した高速戦闘が009の持ち味なのですね
ミュートスサイボーグとの戦いでは、同じように加速装置を持ち、かつ、004のように体内に武器を内蔵したアポロンを相手に苦戦します
そこで有名な台詞を彼は言うのですね
「あとは……、勇気だけだ」

私は、これ以外にも好きな009の台詞があって、事ある毎によくつぶやいています
それは、
「落ち着け、落ち着くんだ。焦ったら負けだぞ」
という台詞
「地下帝国ヨミ編」の中での戦闘中の台詞です
私も仕事が立て込んできた時や、時間に追われている時など、この台詞をつぶやいています
どんな時でも、焦りは禁物ですからね

連載開始当初は、009が混血児である事がマイナス要素として描かれましたが、令和の日本においては、そんな事はマイナス要素でも何でもなく、よくある普通の事です
むしろ、それをマイナス要素と捉える意識の方が問題とされます

なので、近年の009の作品については、ジョーの出自について描かれる事は無くなってきたように感じています