私的ヒーロー列伝

私の人生の傍らにはいつもアニメや特撮、マンガ等がありました。それらを振り返る私的思い出語りのブログです。作品の分析や記録や論評するためのものではありません。記憶をベースに書いていますので情報の正確さは保証できないことを読者の方にはお断りしておきます。

★ケロニア

緑色で名前も「ケロ」ニアで何か蛙みたいな怪獣だなと子どもの頃思っていました 科特隊の建物は科特隊員でさえ鉄筋コンクリート製だと思っていたのが実は特別製だった事が劇中ムラマツキャップの言葉で明かされます そんな科特隊建物内にはレストルームとい…

★ウー

ウルトラマンAにも登場した雪山に現れる怪獣 哀しい設定が背景にありますね 迫害、行き倒れ、泥酔、落とし穴、凍死、冤罪 シビアなワードが並ぶ回です 科特隊のメンバーは隊員服のままでスキーをしています 隊員服は高性能防寒設定なのでしょうが 実際に滑っ…

★ゴルドン

希少な「金」を食べるとんでも怪獣です 汗も金と昔 記事で読んだ覚えが 現実には人類の歴史でこれまで採掘された金の総量は50mプール3杯分だそうですから 怪獣の体を維持するだけの分はなさそうですね 金の価格維持のため本当はもっとあるのに隠されている等…

★ダダ

ダダ星人ではないんですね それだとキョーダインの敵です 宇宙人と名言されていないので異次元からの侵略者でしょうか この回ではなんと等身大ウルトラマンが登場します ダダの術で小さくされてしまったからで直ぐに自力で巨大化し元に戻るのですが 多分シリ…

★ゴモラ

ウルトラシリーズにある時は敵として ある時は味方としてもう何度も登場している 屈指の人気怪獣です ジャミラの時は1993年ですが ゴモラの時は大阪万博の時なので1970年設定なんですね ウルトラマンの設定にゆれがある事が分かります 放送は1967年ですから3…

★ドラコ

てっきり彗星ツイフォンからやってきた怪獣だとばかり思っていましたが ツイートするにあたり確認したところ そう明言されている訳でもなさそうです 「西暦3026年にツイフォンが地球に再来し今度は衝突する」 と劇中で言われて 子どもの頃とても不安になりま…

★ギガス

登場したもののウルトラマンと戦う機会は無く科特隊に敗れた怪獣です ウルトラマンと戦わない怪獣が結構登場する贅沢な番組だったんですね 下半身はヒドラの流用だそう ぼんやりしているというか良く言えば愛嬌のある顔立ち、表情です ゴリラが上から雪をか…

★グビラ

回転する角が付いている怪獣です どういう身体構造になっているのでしょう なんて事を言ったら火を吐く怪獣の内臓はどうなんだとか そもそも体の一部を分離させるセブンのアイスラッガーはどうなんだとか キリ無いです 魚モチーフですが 手足のある人間が入…

★ジャミラ

私が子供の頃は 繰り返しウルトラマンやセブンの再放送がされていたのですが 何故かジャミラの回だけ視逃しており やっと視られたのは15歳の時 本放送から13年目の事でした ジャミラの墓石を見て1993年設定なんだという事を知った次第です 次作ウルトラセブ…

★地底人

設定としては眼球が無く目の部分も皮膚という事でしょう でもテレビで観た子どもの私の感想は 「なんでみんな、目のところになんか貼ってるのかなあ?」 でした 当時のメイク技術ではあれが限界だったのでしょう リテイクに厳しかったという監修の円谷英二氏…

★テレスドン

とがった顔でいかにも地底に潜りやすそうなスタイルです 後年「帰りマン」のデットンに改造されました 当時「デットンはテレスドンの弟」みたいな雑誌記事があったように思います ハヤタが意識を失っていても変身すれば 「ウルトラマンは光の国のスーパーマ…

★ケムラー

名前由来は煙からなんだろうなという事は子ども時代の私にも容易に想像できました 着ぐるみ新造怪獣です 改造怪獣は手間だとか費用は安いのかもしれませんが 削って足していく改造着ぐるみより 足していくだけの新造着ぐるみの方が手間は少ないでしょうね 制…

★ヒドラ

轢き逃げ事故で亡くなった少年の魂が呼び出した怪獣 観光地の石像がモデルでこれは仮面ライダーのロケでも使われた特撮ファンには馴染みの深いものです 子どもの頃番組のためにわざわざ石像を用意したのかと思いましたが 仮面ライダーにも出てきたのを見て有…

★バニラ

「赤い悪魔」ですが美味しそうな名前です タツノオトシゴがモチーフ せっかく着ぐるみ新規造形の怪獣なのにアボラスに敗れ退場しました ウルトラマンあるあるのウルトラマンと戦わない怪獣です その後ブースカで着ぐるみ流用されたそうで あまりウルトラマン…

★バニラ

「赤い悪魔」ですが美味しそうな名前です タツノオトシゴがモチーフ せっかく着ぐるみ新規造形の怪獣なのにアボラスに敗れ退場しました ウルトラマンあるあるのウルトラマンと戦わない怪獣です その後ブースカで着ぐるみ流用されたそうで あまりウルトラマン…

★アボラス

「青い悪魔」ですがわりかし愛嬌のある顔です 口裂けぶりが半端じゃない レッドキングから改造され2代目レッドキングに再改造されました 「ウルトラマン」の怪獣スーツは皆質が高いですが改造流用が多いです 昭和2期も改造流用を多用すれば質と費用削減が…

★アボラス

「青い悪魔」ですが、わりかし愛嬌のある顔です 口裂けぶりが半端じゃない レッドキングから改造され その後2目レッドキングに再改造されました 「ウルトラマン」の怪獣スーツはみな質が高いですが改造流用が多いです 昭和2期も改造流用を多用すれば 質と…

★ザラブ星人

ザラブ星人が変身したニセウルトラマンの頭を本物のウルトラマンがチョップした後 ウルトラマンがその手を振って痛がる動作をします 私それ演技だと思っていたのですが 古谷敏さんによれば強く叩き過ぎて本当に痛くてあの動きになったのだそうです でもカッ…

★ブルトン

前から「何かに形が似てるなあ」と思っていましたが 心臓をイメージしてデザインされたそうです 色々な超常現象を起こして人々(特にイデ隊員)を翻弄します バケツをかぶって真っ暗だと右往左往する姿を大笑いしながら見てました 加トちゃんや志村さんみたい…

★ガヴァドン

幼体をA、成体をBと称します Aの時はキュキュキュと可愛い音をさせて移動 来年の7月7日に再会させてくれる約束をウルトラマンは子どもたちにするのですが 翌年のウルトラマンは光の国に帰ってしまったため その約束は果たせませんでした それ、子どもの…

★ガマクジラ

フジ隊員がイデ隊員をお供に町に買物に 普通に考えたらデートですけど そういう関係ではないようです 男性が荷物を大量に持たされるステレオタイプな描写 ウルトラマンと怪獣の格闘は無く 放映では空中激突のみでウルトラマンが勝利 マスクがBタイプになり…

★ペスター

ペスターもウルトラマンとは戦っていない怪獣です 科特隊ビートル機のロケット弾で倒されました 番組に登場してはいるけどウルトラマンと戦っていない怪獣は結構いますね ドドンゴが人が縦に2人入る着ぐるみでしたが こちらは横に並んで入ります キカイダー0…

★ミイラ人間

日本にこのタイプのミイラは居なかったと思われます エジプト風の猿人原人系の顔付き 海外セールスを視野に入れていたのでこういった無国籍的な作風がよく見られるのですね ウルトラマンとは戦わずアラシ隊員のスパイダーショットで倒されました 勝手に起こ…

★ドドンゴ

麒麟モチーフのデザイン スーツアクター2人入りの大怪獣 ウルトラマンが馬乗りになりドドンゴのお尻を叩いていたシーンがあった気がします ウルトラマンはやっぱり何だかんだで楽しい感じの番組ですね ウルトラマンにまたがられた後ろ担当のスーツアクター…

★ギャンゴ

ベムラーの流用着ぐるみだけに丸太ん棒みたいな体は同じ 巨大化するまでのギャンゴはコミカル ウルトラマンもまた体をこちょこちょくすぐるなどコミカルな戦いぶり ウルトラマンが笑うジラースの回といい 元々ウルトラマンという作品は ウルトラ怪獣シリーズ…

★ジラース

当時テレビを見ていてエリマキをはがされた姿に 「ゴジラじゃん!」 と叫んだものでした でも、それまではゴジラと気づかなかったんですね 子どもなんてそんなもんですかね イデ隊員が無線機を隠し持っていたりと ちょっとスリリングな展開でした ウルトラマ…

★ガボラ

「シン・ウルトラマン」にもリニューアルデザインで登場の人気怪獣です 放射線を吐くという現代ではちょっと洒落にならない設定 撮影では本物のヘリコプターが使われていました 贅沢ですよね 制作予算逼迫するのも分かります しかし後世のためにはお金度外視…

★ピグモン

「ウルトラマン」には2回登場するのですが 2回とも他の怪獣によって命を奪われてしまっている可哀相な描写の怪獣です 着ぐるみは見ての通り「ウルトラQ」ガラモンの流用 子どもの頃ピグモンの声が翻訳されるシーンに 「怪獣ってどんな声で何を話すんだろう…

★スフラン

多々良島でフジ隊員を襲ったところをアラシ隊員のスパイダーで焼かれて撃退されました 厳密に言うと怪獣ではないため怪獣図鑑に写真が載っていない時もありました 同じ植物怪獣であるグリーンモンスのようにウルトラマンと戦ってはいません ウルトラマンと戦…

★マグラー

レッドキングの恐ろしさに戦いを避けるものの 科特隊によって倒される こちらも扱いが不遇な怪獣 番組に登場したからにはウルトラマンに倒されてこそナンボという気がしますが 「怪獣無法地帯」は怪獣が沢山登場する豪華回なので ウルトラマンは最強1匹とだ…